Brand story

Minotti

イタリアを象徴するモダン家具ブランド

ミノッティの本社・工場は、ミラノから北へ20kmの街メダにあります。高級リゾートコモ湖に近いメダは、貴族の別荘「ヴィラ」で使われる高級家具の産地として、18世紀から栄えてきました。今もブランド家具メーカーの多くがメダを拠点としています。70年前、アルベルト・ミノッティによって、この街にクラシック家具工房が産声をあげました。やがて1970年代からモダン家具づくりをはじめたミノッティは、2代目のレナート&ロベルト・ミノッティによって、本格的なグローバル戦略を推進。1998年から始まった建築家・ロドルフォ・ドルドーニとのコラボレーションをきっかけに世界中にショップを展開し、イタリアを代表するグローバルブランドへと躍進しました。

Minotti DNA

今も息づくクラシックの伝統技術

多くのヨーロッパ家具メーカーが海外生産へシフトしていくなか、Minottiは「Made in Italy」を貫いています。創業者のアルベルト・ミノッティ自身が優れた家具職人であり、本社工場は、すべて特注によって家具が作られていた時代のDNAを受け継いでいます。ファブリックスや皮革はもちろん、サイズ、座り心地、素材の変更など、お客様の注文を受けてから1点1点制作するバイオーダーを今も続けるのは、豊かな空間づくりは、その場にフィットした家具をお届けする必要があるからです。高級ブランドのバッグと同等の皮革、ファブリックスを使い、卓越した職人の手によって縫製されたソファ、チェアは、金属、ガラス、天然石など本物の素材との組み合わせによって、家具というジャンルを超えた、ファッションやジュエリーに匹敵する空気感を漂わせます。

Designers

Christophe
Delcourt

Rodolfo
Dordoni

nendo
Oki Sato

Marcio
Kogan

GamFratesi

Minottiコレクションは、ミラノの建築家ロドルフォ・ドルドーニと、レナート&ロベルト・ミノッティ兄弟の、20年にわたるコラボレーションによって築かれました。その最大の特徴は、家具を空間のエレメントとして捉えたこと。ドルドーニは、ミノッティ兄弟との深い信頼関係のもと、ミラノサローネのショーブースや各国ショールームの空間設計を手がけ、ブランドを総合的にプロデュースしてきました。近年はドルドーニのもと、クリストフ・デルクールやnendo 佐藤オオキ、マルシオ・コーガン、ガムフラテーシがプロジェクトに参加し、インターナショナルなテイストを吹き込んでいます。

Materials

安心のマテリアルとアフターメンテナンス

Minottiは常に、最高品質のマテリアルを追求しています。ファブリックスは毎年のコレクションにあわせ、ベルベット、リネン、シェニール、モヘア、カシミアなど多彩な生地をデザイン。皮革は、世界的なブランドバッグにも使われる、ヨーロッパの牧場で育った最高クラスの牛だけを使い、耐摩耗性や通気性、耐変色性など基準を満たした皮革だけを採用しています。

世界60カ国以上に展開する300を超える取扱店のなかで、ロンドン、ニューヨークと並ぶ特別な「モノブランドショップ」のひとつが、Minotti TOKYOです。ブランドのコンセプトを表現したショールームによって、コレクションの多様性と魅力を伝え、安心して製品をご購入頂ける体制を整えております。Minottiのソファやチェアには、保証カードと共に、使用したファブリックス、レザーの実物サンプルが付属しています。長年使ううちに傷んだ生地を張り替えることもでき、実物サンプルと同じロットの生地をイタリア本社から取り寄せて張り替えるなど、長年お使い頂けるようアフターメンテナンスも充実しています。

メンテナンスのお問い合わせはこちらからどうぞ。

Collections

ミラノサローネで注目される
Minottiのコレクション

2019 Shaping a new vision

新しいコレクションを発表するたびに、Minottiの情熱はさらに力強く、次のステージへ挑戦的に歩み続け、世界中の人々に、創造的でダイナミックな手法を提案します。Minotti studioとロドルフォ・ドルドーニは、異なるスタイルを融合した新しいによって、リビング空間に新たなビジョンをもたらしました。まるでランドスケープのような曲線と直線が交差し、連続的に配されるエレメントが空間の輪郭を描くことで、Minottiのアトモスフィアを完成させます。

2018 70years anniversary

70周年を迎えたMinottiは、ミラノサローネ2018において、4人の世界的デザイナーによる記念すべきコレクションを発表しました。20年にわたるコラボレーションによりMinottiの世界観を構築し成熟させた建築家ロドルフォ・ドルドーニのもと、日本からはnendo(佐藤オオキ)、フランスからはクリストフ・デルクール、ブラジルサンパウロからはマルシオ・コーガンという力強い個性が集い、素晴らしい作品群が生まれました。

2017 / Home anthology

デザインはスタイルだけでなく、直観的なアイデアを反映し、エネルギッシュな生命力をライフスタイルにもたらします。タイムレスでエレガントなインテリアは、意外性に富んだマテリアル(天然の木や石、ガラス、ファブリック、レザー、メタルなど)の驚くようなコンビネーションによるテクスチャーと色彩の豊かさが、感情に火をともします。

Minotti Design
Studio TOKYO

住宅からホテル、レストランまで、
創造的空間をご提案します

Minotti Design Studio TOKYOは、世界初のMinotti公認スタジオ。経験を積んだスタッフが、間取りやライフスタイルにあわせプランニング。ご要望により照明器具やアート、アクセサリー、床・壁・天井のアドバイスも行い、お客様の望む空間を実現します。ひとつのソファシステムには70~200種類近いパーツが用意され、思い通りのレイアウトが可能です。テーブル、チェア、キャビネット、ラグなどを組み合わせ、天然石、ガラス、金属など様々な素材、ファブリックス、皮革が空間と呼応した、美しく豊かな空間(アトモスフィア)を創造します。

Minotti DESIGN STUDIO TOKYO